自動車を廃車する前に知っておくと便利な知識をご紹介してますので、是非ご覧ください。ようこそ廃車リサイクルへ

廃車リサイクルTOP>廃車された車の行方は・・・

廃車された車の行方は・・・

ネットで業者を探しているとある業者にたどり着き、廃車された車のことについて書かれてました。
私の中で廃車された車は、ある程度使えるものは使うけど、ほとんどはスクラップされ、形を変えてリサイクルされているのだと思ってたのですが、それ以外にも使用方法がありました。
それは、日本では廃車として扱われる車を、発展途上へ車を輸送し、その地でしっかり車としてまた使用されてるのです。なので日本では見かけないような昭和時代の車などがたくさん走っているそう。個人的な話になりますが、私旧車が好きでいろんな旧車を見たいし乗りたいと思ってるけど、日本には少ないんですよね。ちょっと大げさかもしれませんが、旧車を見に輸入先に行きたいって思っちゃいました。

ちょっと驚いたことに、日本でエンジンが悪かったら、もう使用不可なんで車を買い替えるって人が多いのですが、海外ではエンジンを載せ変えてまた乗るって言うのは当たり前!しかもガソリン車よりもディーゼル車を好むところもあるらしく、わざわざディーゼル車にエンジンを載せかえると言う国もあるそうです。それ以外にも燃料ポンプやジャッキなどの細かい部分も日本では使用しないようなものでもリサイクルして使用しているようです。
日本人は使えなくなったらすぐ次の車って考えてしまい、物を粗末にしているな〜って考えさせられますよね・・・
エンジンが掛からなくなっただけ、音がカタカタとなりだしてきただけで、車を廃車にしようとした自分にちょっと考えさせるものですよね。

ん、でも私がこの車を廃車にするってことは、この車は海外へ行き、その地で役立ってくれるに違いない!そう願って、この車を廃車にしようと考え直した私であります・・・

pickup

Last update:2014/11/4

copyright C 2009 廃車リサイクル Allrights Reserved.